この一週間の琵琶湖は比較的天気は安定していたものの、強風が数日吹きました。その影響で南湖・北湖共に東岸の一部のエリアで濁りが入っている所もありますが、基本的にはクリアアップ傾向で南湖でもボディウォーターを中心に透明度が高い状態です。今日20日8時30分現在の水位はマイナス38cm、洗堰放流量は15t、この一週間は緩やかに減水しています。


南湖の状況ですが引き続き人気エリアは木浜沖で、特に2号水路〜3号水路沖は平日でも朝から船団ができています。各ガイドさんや一般アングラーにお話しを聞いていると、浚渫エリアの釣りが中心で掘り残しに生えるエビモ等のウィードを小型プラグのI字系やノーシンカーなどで狙って数釣りは楽しめるようですが、アベレージサイズが25cmほどで良いサイズはなかなか混じらないようです。

そういう事もありサイズアップ狙いでは中型以上のハードプラグや4インチ以上のワームを使ったボトム狙いで各エリアをやっている人もいますが、今度はバイトが極端に減って釣れても単発、ノーフィッシュもありえるといった状況です。木浜浚渫エリア以外でも南湖西岸の堅田〜山ノ下沖でも同じようにI字系等で数釣りが楽しめるエリアが増えてきました。また一時期落ち着いていたディープホール周辺でボイルが見られるようで、アングラーも増えてきています。

明日から三連休となる琵琶湖ですが天気予報によると、現時点では日曜日の午後から月曜日にかけて台風の影響による大雨、強風の可能性があるようです。釣りを予定されている方は天気予報、台風情報のチェックをお忘れなく。



2019,09,20, Fri 09:24
釣果情報
この一週間の琵琶湖は激しい雷雨があったり強風が吹いたりと、天気の変化が大きい週でした。瀬田川洗堰の放流量は50→70→50→250→28とこまめに調整されており、今週の水位変動は-28cmから-33cmと±5cm程度の変動となっています。今日14日、8時30分現在の放流量は28t。水位はマイナス33cmです。


南湖の状況ですが一番人気は木浜エリアで平日でも船団ができています。各ガイドさんや一般アングラーのお話しを聞いていると、ショアラインに近いインサイドから沖のチャンネルライン、浚渫エリア、フラットエリアなど様々なシチュエーションでサイズ問わずであれば釣れているようですが、各スポットともバスが集まっているスポットがあるようで、そこを見つけれたら短時間で数釣りが可能で、バスが薄いスポットではポロポロと釣れるという状況のようです。ルアー的には天気や風、濁りにもよりますがI字系各種(プラグ&ワーム)からダウンショットやネコリグ、ノーシンカーなどのライトリグ、巻物ではシャッド、ミノー、スピナーベイト、チャター等での釣果を耳にします。

現状では南湖でビッグサイズを狙って複数釣るというのはなかなか難しいようですが、その代わりに木浜エリア、堅田〜山ノ下など南湖北エリアではレギュラーサイズまでの反応は良くなってきています。現在人気のI字系ですが条件が合わないとなかなか表層付近では食ってこない日もあるようなので、表層がダメなら中層〜ボトムも狙ってみて下さい。


BRUSH DVD【I字の鉄人 赤塚浩行】
2019年10月初旬発売予定


2019,09,14, Sat 08:55
釣果情報
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20190909/2060003403.html

9日の滋賀県は厳しい暑さとなり、9月としては、東近江市では9年ぶり、大津市では7年ぶりに最高気温が35度以上の猛暑日となりました。
厳しい暑さは10日も続く見込みで、気象台は熱中症への十分な対策を呼びかけています。

9日の滋賀県は、台風からの暖かい空気に加えて、高気圧に覆われているため気温の高い状態が続き、日中の最高気温は、東近江市で36度3分、大津市が35度7分と猛暑日になりました。
9月に猛暑日になったのは、東近江市では9年ぶりで、大津市では7年ぶりです。
滋賀県は、10日もおおむね晴れて厳しい暑さが続く見込みで、日中の最高気温は、大津市で35度、彦根市で34度と予想されています。
気象台は、滋賀県に高温注意情報を出して、こまめに水分を補給したり、冷房を適切に使ったりして、熱中症への十分な対策をとるよう呼びかけています。

2019,09,09, Mon 17:09
気象情報
この一週間の琵琶湖は4日の水曜日午後に雷雨が発生して短時間にまとまった雨量となりましたが、それ以外は特にまとまった雨は降りませんでした。その影響もあってか?瀬田川洗堰の放流量が300→50→15→40とめまぐるしく変化。琵琶湖の水位は先週金曜日朝でマイナス32cm、今朝でマイナス28cmとプラス4cmの変化となっています。水温は南湖の沖に関しては概ね23度後半から25度台。

放流量が下がった事とプレッシャーの影響もあってディープホール南壁周辺のボイル祭りはほぼ終わり、ピーク時に比べるとボートの数も少なくなっています。各ガイドさんや一般アングラーにお話を聞いていると木浜や堅田周辺など南湖北エリアで30cmクラスまでの反応がよくなっており、I字系(プラグ・ワーム)やダウンショット等のライトリグで数釣りができるエリアも徐々に増えてきているようです。それ以外のエリアでも沖に近い各エリアのウィードアウトサイドで数釣りができる所も増えてきています。

北湖も同様で東岸沖島までの各取水塔、一文字、魚礁などのマンメイドストラクチャー周辺ではライトリグ中心にバイトの数が以前よりも増えており、サイズ狙いのアングラーはディープのオダや沈船などの沈み物、ロックエリアのディープ、10mより深い魚礁など深いレンジを狙っている人が多いです。



2019,09,06, Fri 09:41
釣果情報
この一週間の琵琶湖、26日の月曜日から始まった瀬田川洗堰の全開放流が今日30日10時30分現在でも続いており、今日で5日目となります。琵琶湖の水温は猛暑日が無かった事や流れの強さもあり、エリアにより様々ですが概ね1〜2度ほど下がっています。琵琶湖の水位は今日10時現在でマイナス33cmと9月1日から始まる計画水位マイナス30cmを下回っていますが、今日の午後から夜にかけてまとまった雨量となる予報もでていますし明日から週末となるため、今後どのように放流量の調整がされるかは微妙なところです。

琵琶湖の釣果としては今回の全開放流と猛暑がなくなった事も重なってか?南湖も北湖も全体的には上向き傾向です。南湖に関しては引き続きディープホール南周辺は人気エリアで平日でも船団ができています。ピーク時に比べてボイルの数は減っているようですが、バス・ベイトフィッシュともに魚影は濃いのでI字系ワーム&プラグ、ノーシンカーなどで釣れています。またシャロー〜ミドルレンジも徐々によくなってきており、適度な濁りがあるエリア、タイミングではクランクベイトやスピナーベイト、チャターベイトなど巻物でも釣れています。ただ片手間で巻いて簡単に釣れるような状況ではないので、しっかり時間をかけて巻き続けて結果的にどうか?という釣りです。

北湖に関しては6mより深いレンジで反応が増え始めており、サイズ狙いではジグ、ヘビキャロなど、数狙いであればダウンショットやネコリグなどライトリグで狙っているアングラーが多いです。また取水塔や一文字など目に見えるストラクチャー周辺で30cmクラスの反応がよくなっているので、少し前までの「バイトが無い・・・」という頃から比べると北湖も上向き傾向です。河川の釣りは雨後の良いタイミングにハマるとビッグベイトやノーシンカージャークなどでビッグフィッシュも出ていますが、水位・流れ・濁りなど上手く噛み合わないと数日間釣れ続くという事は極めてまれです。



2019,08,30, Fri 10:54
釣果情報
  PAGETOP  BACK>>