11/29 寒波襲来と放射冷却で冷え込んで、比良山系は美しい雪化粧をまといました。





2019,11,29, Fri 07:43
気象情報


京都新聞
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/81153

 本州上空に強い寒気が流れ込んだ20日朝、滋賀県彦根地方気象台は京滋最高峰の伊吹山(米原市、1377メートル)で初冠雪を観測したと発表した。平年より4日遅く、昨年より3日早い。うっすらと雪化粧した山頂付近が、間近に迫る冬を感じさせた。
 山頂に近い伊吹山ドライブウェイの駐車場では、同日午前7時に氷点下2・1度を記録した。登山道には1、2センチの雪が積もった。
 同気象台によると、県内各地の最低気温は甲賀市信楽で4・6度、大津市で7・1度。夜間は曇っていたため放射冷却が進まず平年より高い気温だったが、山地は冷え込んだという。
 京都地方気象台によると、京都府内の最低気温は京都市で7・3度、南丹市で5・3度だった。
 京滋とも21日朝は冷え込みが強まる見込みという。

2019,11,21, Thu 08:57
気象情報
今日25日、6時現在の琵琶湖の水位はプラス3cmとなっています。

6月1日以降、およそ5ヵ月間マイナス水位が続いていましたが、ようやくプラスに転じました。洪水期制限水位のマイナス30cmは10月15日までとなっているので、このまままだ増えていくのか?

この先の放水量(洗堰放流量)が気になりますね〜
ちなみに計画水位は以下の通りです。

6月16日から8月31日まで(洪水期)洪水期制限水位−0.2m
9月1日から10月15日まで(洪水期)洪水期制限水位−0.3m
10月16日から6月15日まで(非洪水期)常時満水位+0.3m

2019,10,25, Fri 11:39
気象情報
台風の年間発生数は増えてるの?
ちょっと調べてみた。

気象庁サイト
https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/typhoon/statistics/generation/generation.html


1951年からデータがありました。
10年単位で発生数の平均をチェック↓


特に増えてる感じはないですね。

ちなみに
過去一番多いのは1967年の39個
過去一番少ないのは2010年の14個でした。


私の実家は神戸なんですが、子供の頃(1960年台)は床下浸水が何度もありました。
今のように治水がされていなかったんでしょうね。
しょっちゅうなんで、怖いという記憶より、子供心にワクワクしたような思い出があります。
停電はしょっちゅうで、よくロウソクの火で過ごしておりました。

2019,10,09, Wed 11:52
気象情報
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20190909/2060003403.html

9日の滋賀県は厳しい暑さとなり、9月としては、東近江市では9年ぶり、大津市では7年ぶりに最高気温が35度以上の猛暑日となりました。
厳しい暑さは10日も続く見込みで、気象台は熱中症への十分な対策を呼びかけています。

9日の滋賀県は、台風からの暖かい空気に加えて、高気圧に覆われているため気温の高い状態が続き、日中の最高気温は、東近江市で36度3分、大津市が35度7分と猛暑日になりました。
9月に猛暑日になったのは、東近江市では9年ぶりで、大津市では7年ぶりです。
滋賀県は、10日もおおむね晴れて厳しい暑さが続く見込みで、日中の最高気温は、大津市で35度、彦根市で34度と予想されています。
気象台は、滋賀県に高温注意情報を出して、こまめに水分を補給したり、冷房を適切に使ったりして、熱中症への十分な対策をとるよう呼びかけています。

2019,09,09, Mon 17:09
気象情報
  PAGETOP  BACK>>